【MCX8000】現場で2年使用してみてのレビュー

MCX8000

はいさい!

沖縄でDJ活動している。

ヤングモーです。

僕もDJをはじめて14年目になりました。


ここ数年DJ機材の進化は凄く。

テクノロジーの進化と共に、大きさもコンパクトになり、

ミキサーとターンテーブル部分が一体型になったDJコントローラーが出てきた時には感動しました。

PCと繋げればすぐDJが出来るなんて!!!


僕の場合、プレイする場所がスポーツ会場、基地のクラブだったりと

機材を持ち込んでのプレイする場所が多いので、

運搬に便利なDJコントローラーはとても重宝しています。

DJコントローラーが登場して過去にも色々使用してみましたが、

ここ数年は今の機材(MCX8000)に落ち着いています。


その現場での使用感とかをシェアできたらと思い。

今回記事にしてみました。

クラブ以外で持ち込み機材でDJを検討してる方、これから導入を考えている方の参考になればうれしいです。


ちなみに僕の過去の使用機材はこんな感じです

Vestx VCI-100

Vestx VCI-380

Numark NS7

Numark NS6

Reloop TERMINAL MIX4

Pioneer DDJ-SR

Pioneer DDJ-SX

Denon DJ MCX8000 ←今ココです。

スポンサーリンク

USBとの連携


最初に実機を触って一番びっくりしたのがミキサーでのUSBへの切り替えの速さ

(例)SERATO→USB(Engine)→LINE入力→USB(Engine) などなど

「カチ、カチ、カチ、カチ」

ストレスなくミキサーのスイッチ一つで切り替えが可能


パソコンでDJコントローラーを使用している場合。

パソコンのフリーズが怖いトラブルだと思いますが、音がいきなり止まったりなど。。


MCX8000の場合切り替えを一瞬に行えるので、もしもの時バックアップとしての役立ちもします。

実際に僕もこの方法で何度かトラブルを乗り切りました。

トラブル発生時!

USBに切り替えて、その間にパソコンを再起動してSERATOを再接続したりできます。

ディスプレイ

無くてもいいですが、パソコンを見る回数を減らすことができるので、

より目の前のお客さんに集中できます。

あとパソコンを置くスペースに限りがある場所では画面を見て操作できるので役立ちます。


CUEボタンバックライト

こちらは、ちょっと残念だった点ですが、ヘッドフォンでモニタリングするときに使用する

CUEボタンの色が見えにくい点。

実際のClubで写してみました。


■点灯時


■非点灯


う〜ん。暗いところでは区別がつきにくいです、、今後もしMCX8000の後継機が、

出ることがあるならハッキリ見えるようになったらいいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ざっくりですが僕がこの2年で感じたことをまとめてみました。

思いついたらまた追記していこうかと思います。

過去にも色々DJコントローラーを使用してきましたが、僕の活動環境では今のところMCX8000が良くて落ち着いています。

DJコントローラーも最近種類が増えてきて、DJさんの状況に合った相性のいいDJコントローラーに出会えたらいいですね。

この記事がどなたかの参考になれば嬉しいです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました